鎌倉社会福祉協議会

お電話でのお問合せは
0467-23-1075
(代表)

鎌倉社会福祉協議会

鎌倉社会福祉協議会


事務局だより

日々のちょっとしたことなど、お知らせしております

ボランティア活動保険  ■  2019年7月8日(月)

社協の窓口でボランティア保険の手続きを承っています。
ボランティアをする「人に掛ける、ボランティア活動保険」と、地域福祉活動やボランティア活動の一環として行う「行事に掛けるボランティア行事保険」などがあります。

ボランティア活動保険について少しご紹介します。

ボランティア活動保険は、日本国内における
「自発的な意思により他人や社会に貢献する無償のボランティア活動」
が対象です。
ですから自発的な意思による活動とは考え難い、
「学校管理下にある先生、生徒のボランティア活動」
「資格や免許、学校の単位取得、インターンシップを目的としたボランティア活動」
「PTA,自治会、町内会、老人クラブ、子ども会など、ボランティア活動以外の目的で造られた団体・グループが行う組織運営や団体構成員の親睦のための活動」
などは対象となりません。

ボランティア活動保険には、Aプラン、Bプラン、天災Aプラン、天災Bブランの4種類があります。当該年度のいつ掛けても、年度末3月31日までが有効期限となります。
Aプラン、Bプランの違いは補償額の違い、天災プランはさらにボランティア活動中の天災(地震、噴火、津波)に起因する被保険者のケガを補償するという追加事項です。

よく質問をお受けするのが、被災地に行くから天災タイプじゃないといけないの?というものですが、違いは天災によりケガをするかしないか、なので、天災によるのではなく、被災地への往復途上や活動中にケガなどをすれば普通のプランで補償されます。

より詳細に知りたい方は、”ふくしの保険” を検索してください。